朝が来る (3) - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

朝が来る あらすじ 1話

朝が来る あらすじ 1話

安田成美さんが16年ぶりに連続ドラマ主演。

「朝が来る」6月4日(土)放送スタートです。

物語は、辻村深月の傑作を連続ドラマ化。

朝が来る あらすじ 1話の紹介です。

2年間の不妊治療の末、佐都子(安田成美)と夫の清和(田中直樹)は養子縁組で朝斗(林田悠作)を迎え入れ、家族3人で幸せな日々を送っていた。

しかし、朝斗が6歳になったある日、栗原家に不穏な1本の電話が入る。

「カタクラです。子供を返してほしいんです。私が産んだアサト…くんを」と話す電話の相手は、朝斗の実母・片倉ひかりを名乗る謎の女(川島海荷)だった。

その後、朝斗が幼稚園からいなくなったと連絡が入り、佐都子はさらなる衝撃を受ける。

以上が、朝が来る あらすじ 1話の紹介でした。

「朝が来る」の放送は、フジテレビ系にて、毎週土曜 23:40〜24:35 です。

安田成美さんファンの方はお見逃しなく!!


おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。