昼のセント酒 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

昼のセント酒 あらすじ 最終回

昼のセント酒 あらすじ 最終回

昼間の銭湯と酒。

「孤独のグルメ」制作スタッフが贈る戸次重幸主演の大人の道楽ドラマ

「昼のセント酒 」6月25日(土)は最終回の放送となります。

物語はどんな道楽ドラマとなるのか・・・

昼のセント酒 あらすじ 最終回の紹介です。

内海(戸次重幸)は東京・浅草の小さな和菓子店へ営業に来ていた。

同僚・大西(柄本時生)からは「何年も前に小さな仕事を受けただけの店に通い続けるのは非効率だ」と非難されたが、ついに発注をもらう。

さらに、店主の紹介で大型和菓子店からの発注も受ける。

あらためて「人と人とのつながりを大切に」という自分の信念をかみしめていると、外国人女性に道を尋ねられる。

彼女が指さした写真には、銭湯の店名が写っていた。

以上が、昼のセント酒 あらすじ 最終回の紹介でした。

「昼のセント酒 」の放送はテレビ東京系にて毎週土曜 24:20〜24:50 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


昼のセント酒 あらすじ 11話

昼のセント酒 あらすじ 11話

昼間の銭湯と酒。

「孤独のグルメ」制作スタッフが贈る戸次重幸主演の大人の道楽ドラマ

「昼のセント酒 」6月18日(土)は11話目の放送となります。

物語はどんな道楽ドラマとなるのか・・・

昼のセント酒 あらすじ 11話の紹介です。

内海(戸次重幸)は、ティッシュ広告を受注した東京・高円寺の美容院へ来ていた。

なぜか美容院からティッシュ配りを任された内海が、全てを配り終えて駅へ向かう途中、銭湯の看板を発見。

いつものように誘惑に負けそうになるが、朝、社長(竹中直人)から「営業マンに必要なのは人間力」「営業マンが稼がないと会社はつぶれる」と言われたことを思い出し、踏みとどまる。

そこへ、美容院の店長から追加発注の連絡が入る。

以上が、昼のセント酒 あらすじ 11話の紹介でした。

「昼のセント酒 」の放送はテレビ東京系にて毎週土曜 24:20〜24:50 です。

どうぞ、お見逃しなく!!

昼のセント酒 あらすじ 10話

昼のセント酒 あらすじ 10話

昼間の銭湯と酒。

「孤独のグルメ」制作スタッフが贈る戸次重幸主演の大人の道楽ドラマ

「昼のセント酒 」6月11日(土)は10話目の放送となります。

物語はどんな道楽ドラマとなるのか・・・

昼のセント酒 あらすじ 10話の紹介です。

内海(戸次重幸)は、営業に来ていた東京・用賀の時計店で、店主の「使う人間の心持ち次第で、時間の価値は変わる」という言葉に感銘を受ける。

仕事を終え駅へ向かっていると、前方に細くて小さな煙突を見つける。

いつもなら銭湯を探す内海だが、先ほどの店主の言葉が浮かび、思いとどまる。

しかし、ランニング中のカップルの会話から聞こえてきた「ひのき風呂」という単語に反応し、結局のれんをくぐってしまう。

以上が、昼のセント酒 あらすじ 10話の紹介でした。

「昼のセント酒 」の放送はテレビ東京系にて毎週土曜 24:20〜24:50 です。

どうぞ、お見逃しなく!!

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。