警視庁・捜査一課長 (5) - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

警視庁・捜査一課長 あらすじ

警視庁・捜査一課長 あらすじ

内藤剛志 主演の人気ミステリーシリーズが待望の連続ドラマ化

「警視庁・捜査一課長」4月14日(木)放送スタートです。

物語はどんなミステリーを見せてくれるのか・・・

気になるあらすじが公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

警視庁・捜査一課長 あらすじは下記の内容となります。

大岩純一(内藤剛志)は、約400人の精鋭集団・警視庁捜査一課を束ねるリーダー。

東京都内で起きたすべての凶悪事件の現場に臨場し、各捜査本部の指揮に当たるため多忙を極めており、平均睡眠時間は3時間ほどしかない。

獅子奮迅の活躍を見せる大岩だが、何か特殊な能力があるわけではなく、自ら率先し、決してあきらめず、真摯に捜査に当たる硬骨漢で、ゆえに周囲からも厚い信頼を得ている。

都内では日々、重大な事件が発生するが、大岩は平井真琴(斉藤由貴)、小山田大介(金田明夫)、天笠一馬(鈴木裕樹)ら個性的な捜査員を信じ、彼らと共に事件解決に向けて奮闘していく。

以上が、警視庁・捜査一課長 あらすじの紹介でした。

「警視庁・捜査一課長」の放送はテレビ朝日系にて毎週木曜 20:00〜20:54です。

どうぞ、お見逃しなく!!


おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。