ディアスポリス (4) - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ディアスポリス あらすじ 2話

ディアスポリス あらすじ 2話

松田翔太が複数の言語を操る裏警察官に!

「ディアスポリス-異邦警察-」4月19日(火)は2話目の放送となります。

傑作漫画「ディアスポリス」を実写化 

ディアスポリス あらすじ 2話の紹介です。

久保塚(松田翔太)は、腎臓強奪事件の犯人と思われる女性が出没したバーに鈴木(浜野謙太)を送り込む。

被害者らと共に張り込むが、なかなか女性は現れない。

以上が、ディアスポリス あらすじ 2話の紹介でした。

「ディアスポリス-異邦警察-」の放送はTBS系にて毎週火曜 25:28〜25:58です。

松田翔太さんファンの方はお見逃しなく!!



ディアスポリス あらすじ 1話

ディアスポリス あらすじ 1話

松田翔太が複数の言語を操る裏警察官に!

「ディアスポリス-異邦警察-」4月12日(火)放送スタート!!

傑作漫画「ディアスポリス」を実写化 

ディアスポリス あらすじ 1話

連日テレビのニュースで報道されている、マルハ銀行で発生した5億円横領事件。

マルハ銀行の銀行員、鈴木(浜野謙太)は身に覚えのない横領の容疑で指名手配され、「裏都庁」と呼ばれる秘密組織に逃げ込んだ。

そこで、警察署長と呼ばれる男・久保塚(松田翔太)に出会う。

その頃「裏都庁」では不法滞在者ばかりを狙う腎臓強奪事件が多発していた。

久保塚は腎臓だけを奪うという怪奇事件の捜査に奔走する。

以上が、ディアスポリス あらすじ 1話の紹介でした。

「ディアスポリス-異邦警察-」の放送はTBS系にて毎週火曜 25:28〜25:58です。

ディアスポリス あらすじ

ディアスポリス あらすじ

松田翔太が複数の言語を操る裏警察官に!

「ディアスポリス-異邦警察-」4月12日(火)放送スタート!!

傑作漫画「ディアスポリス」を実写化 

気になるあらすじは下記の内容となります。

東京に密入国した外国人による秘密組織「異邦都庁(通称・裏都庁)」。

久保塚早紀(松田翔太)は、知事のコテツ(康芳夫)、ナンバー2の助役・アー(柳沢慎吾)らの下で、密入国者の自治社会における裏警察官として働いていた。

そんな裏都庁の存在を知り、5億円事件の重要参考人として警察に追われていた元銀行員・鈴木博隆(浜野謙太)が逃げ込んでくる。

鈴木は久保塚の指示で顔を整形し、助手として働き始めるうちに、さまざまな事件に巻き込まれていく。

以上が、ディアスポリス あらすじの紹介でした。

「ディアスポリス-異邦警察-」の放送はTBS系にて毎週火曜 25:28〜25:58です。

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。