真田丸 あらすじ 27話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

真田丸 あらすじ 27話

真田丸 あらすじ 27話

堺雅人 主演、三谷幸喜脚本で戦国の名将・真田幸村の生涯を描く

大河ドラマ「真田丸」7月10日(日)は27話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

真田丸 あらすじ 27話の紹介です。

秀吉(小日向文世)と茶々(竹内結子)の間に再び男児が誕生する。

秀次(新納慎也)は秀吉が自分を邪魔に思っていると疑う。

彼は理解者であるきり(長沢まさみ)を側室に迎えようとするが、信繁(堺雅人)への思いが断ち切れないきりは、答えを出せない。

寧(鈴木京香)に励まされた秀次は、信幸(大泉洋)と信繁に朝廷の官位を授けるなど関白らしさを見せる。

しかし、再び秀吉との間でささいな行き違いが起こる。

以上が、真田丸 あらすじ 27話の紹介でした。

大河ドラマ「真田丸」の放送は、NHK総合にて毎週日曜 20:00〜20:45 です。

堺雅人さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。