朝が来る あらすじ 6話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

朝が来る あらすじ 6話

朝が来る あらすじ 6話

安田成美さんが16年ぶりに連続ドラマ主演。

「朝が来る」7月9日(土)は6話目の放送です。

物語は、辻村深月の傑作を連続ドラマ化。

朝が来る あらすじ 6話の紹介です。

佐都子(安田成美)は洋子(石田えり)から、特別養子縁組支援団体の説明会で話をしてほしいと頼まれる。

だが、清和(田中直樹)が抱えてきた思いを知ったばかりの佐都子はためらう。

ひかり(川島海荷)は朱美(MEGUMI)に病死した子がいたと知る。

一時は生きることすら面倒になったという朱美の「それでも種をまいて明日を生きるしかない」という言葉にひかりは聞き入る。

一方、不倫相手の子を妊娠した香澄(佐津川愛美)は出産を迷う。

以上が、朝が来る あらすじ 6話の紹介でした。

「朝が来る」の放送は、フジテレビ系にて、毎週土曜 23:40〜24:35 です。

安田成美さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。