グーグーだって猫である2 あらすじ 最終回 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

グーグーだって猫である2 あらすじ 最終回

グーグーだって猫である2 あらすじ 最終回

宮沢りえ主演、人気コミックエッセーのドラマ化第2弾

「連続ドラマW グーグーだって猫である2」7月9日(土)は最終回の放送となります。

物語は、どんな展開となるのか・・・

グーグーだって猫である2 あらすじ 最終回の紹介です。

子猫の里親たちが次々に近況を知らせてきて、麻子(宮沢りえ)もグーグーを自分に託したホームレス(田中泯)にその後のことを知らせたくなった。

そんな折、彼とそっくりな男性を富士山近くで見掛けたと近所の佐山(関時男)が言い出し、麻子は迷わず会いに行くことにする。

翌日、飯田(前田敦子)から、麻子が富士山に向かったと聞いた大森(長塚圭史)は、東京・吉祥寺からほとんど出たことのない麻子のことを心配する。

以上が、グーグーだって猫である2 あらすじ 最終回の紹介でした。

「連続ドラマW グーグーだって猫である2」の放送は、
WOWOWプライムにて、毎週土曜 22:00〜23:00 です。

宮沢りえさんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。