真田丸 あらすじ 26話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

真田丸 あらすじ 26話

真田丸 あらすじ 26話

堺雅人 主演、三谷幸喜脚本で戦国の名将・真田幸村の生涯を描く

大河ドラマ「真田丸」7月3日(日)は26話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

真田丸 あらすじ 26話の紹介です。

鶴松を失った秀吉(小日向文世)は、秀次(新納慎也)に関白の座を譲る。

隠居するかに見えた秀吉だったが、新たに朝鮮への侵攻を始める。

信繁(堺雅人)らが真意を測りかねる中、茶々(竹内結子)が再び男の子を産む。

秀吉が有頂天になる一方、立場が危うくなった秀次は恐怖を募らせる。

朝鮮出兵の前線基地である肥前名護屋城で、出陣を待つ大名たちによる仮装大会が開かれる。

そこへ、とり(草笛光子)の重篤を伝える知らせが届く。

以上が、真田丸 あらすじ 26話の紹介でした。

大河ドラマ「真田丸」の放送は、NHK総合にて毎週日曜 20:00〜20:45 です。

堺雅人さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。