朝が来る あらすじ 5話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

朝が来る あらすじ 5話

朝が来る あらすじ 5話

安田成美さんが16年ぶりに連続ドラマ主演。

「朝が来る」7月2日(土)は5話目の放送です。

物語は、辻村深月の傑作を連続ドラマ化。

朝が来る あらすじ 5話の紹介です。

広島。

佐都子(安田成美)が帰京の準備をする中、朝斗(林田悠作)はおもちゃのピアノで「きらきら星」を弾いていた。

それを見た洋子(石田えり)は、ひかり(川島海荷)もよくこの曲を弾いていたとつぶやく。

佐都子は朝斗の中にひかりの思いが息づいていることを感じ取る。

一方、ひかりは定食店を営む朱美(MEGUMI)と出会う。

子どものことを考えたら金を盗むようなばかなことはしないと言う朱美に、ひかりは何も言い返せない。

以上が、朝が来る あらすじ 5話の紹介でした。

「朝が来る」の放送は、フジテレビ系にて、毎週土曜 23:40〜24:35 です。

安田成美さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。