立花登青春手控え あらすじ 最終回 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

立花登青春手控え あらすじ 最終回

立花登青春手控え あらすじ 最終回

藤沢周平原作の名作“監獄もの”時代劇を、溝端淳平主演でリメイク

「立花登青春手控え」7月1日(金)は最終回の放送となります。

最終回はどんな結末となるのか・・・

気になるあらすじが公開されました。

立花登青春手控え あらすじ 最終回は下記の内容となります。

小牧家の一人娘・ちえ(平祐奈)は奔放な性格で、その夜も母の松江(宮崎美子)を悩ませていた。

夜遊びをしてまだ帰ってこないのだ。

そんな折、登(溝端淳平)の前に現れた男が、ちえを誘拐したと告げ、牢内にいるある囚人に牢破りのための鋸(のこ)をひそかに渡せと登を脅す。

いったんは断った登だが、岡っ引きの藤吉(石黒賢)の助言により、悪党たちをおびき出すために要求に応えるふりをする。

そして、登はちえの奪還に向かう。

以上が、立花登青春手控え あらすじ 最終回の紹介でした。

「立花登青春手控え」の放送は、NHK BSプレミアムにて毎週金曜 20:00〜20:45 です。

溝端淳平さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
【立花登青春手控えの最新記事】
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。