警視庁・捜査一課長 あらすじ 最終回 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

警視庁・捜査一課長 あらすじ 最終回

警視庁・捜査一課長 あらすじ 最終回

内藤剛志 主演の人気ミステリーシリーズが待望の連続ドラマ化

「警視庁・捜査一課長」6月23日(木)は最終回の放送となります。

物語はどんなミステリーを見せてくれるのか・・・

警視庁・捜査一課長 あらすじ 最終回の紹介です。

大物国会議員・貴子(山下容莉枝)のスキャンダル記事を書いた週刊誌記者・香苗(古川りか)が白昼、街中で拉致され、3時間後、刺殺体で見つかる。

現場にいた香苗の同僚・聡美(清水美沙)は、大岩(内藤剛志)がかつて担当した事件の関係者だった。

20年前、聡美の母親・光代(ジュディ・オング)が娘に付きまとうストーカーを殺した事件だ。

そんな中、香苗が匿名で、聡美を中傷するメールを発信していたことが分かる。

以上が、警視庁・捜査一課長 あらすじ 最終回の紹介でした。

「警視庁・捜査一課長」の放送はテレビ朝日系にて毎週木曜 20:00〜20:54です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。