真田丸 あらすじ 24話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

真田丸 あらすじ 24話

真田丸 あらすじ 24話

堺雅人 主演、三谷幸喜脚本で戦国の名将・真田幸村の生涯を描く

大河ドラマ「真田丸」6月19日(日)は24話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

真田丸 あらすじ 24話の紹介です。

信繁(堺雅人)は沼田裁定で競り合った正信(近藤正臣)、板部岡江雪斎(山西惇)から頼まれ、氏政(高嶋政伸)の説得に向かう。

降伏するように説くが、氏政は容易には受け入れない。

やがて、家康(内野聖陽)、景勝(遠藤憲一)、そして昌幸(草刈正雄)が氏政の元をひそかに訪れる。

彼らは東国でしのぎを削った強敵同士として、秀吉に許しを請い、生き延びることを氏政に勧める。

以上が、真田丸 あらすじ 24話の紹介でした。

大河ドラマ「真田丸」の放送は、NHK総合にて毎週日曜 20:00〜20:45 です。

堺雅人さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。