朝が来る あらすじ 3話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

朝が来る あらすじ 3話

朝が来る あらすじ 3話

安田成美さんが16年ぶりに連続ドラマ主演。

「朝が来る」6月18日(土)は3話目の放送です。

物語は、辻村深月の傑作を連続ドラマ化。

朝が来る あらすじ 3話の紹介です。

朝斗(林田悠作)の実母・ひかりと名乗る女性(川島海荷)はやはり本人で、警察に追われる身だった。

それを知った佐都子(安田成美)は、6年前に顔を合わせていながらひかりと気付かなかった自分を責める。

そんな中、佐都子と清和(田中直樹)は、清和の部下・香澄(佐津川愛美)から「家族神話を考える」という企画の取材を受ける。

2人は、清和の無精子症のこと、不妊治療を受けたこと、特別養子縁組支援団体を訪ねた経緯を語る。

以上が、朝が来る あらすじ 3話の紹介でした。

「朝が来る」の放送は、フジテレビ系にて、毎週土曜 23:40〜24:35 です。

安田成美さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。