グッドパートナー 無敵の弁護士 あらすじ 最終回 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

グッドパートナー 無敵の弁護士 あらすじ 最終回

グッドパートナー 無敵の弁護士 あらすじ 最終回

竹野内豊&松雪泰子の連続ドラマで初タッグ

「グッドパートナー 無敵の弁護士」6月16日(木)は最終回の放送となります。

物語は、コミカルな法務&ホームドラマ。

グッドパートナー 無敵の弁護士 あらすじ 最終回の紹介です。

レストラン経営者・名木(橋本さとし)の妻・裕子(戸田菜穂)から離婚協議の代理人の依頼が。

咲坂(竹野内豊)の顧客である名木とは、以前は家族ぐるみの付き合いで、裕子と佳恵(松雪泰子)も親しくしていた。

名木の店のフラワーアレンジメントを手掛ける裕子は、店以外の仕事を反対され、思い余って会社を設立。

公私共に独立を望んでいた。

立場上、裕子の依頼は断るしかない咲坂だが、佳恵が考えさせてほしいと言い出し・・・。

以上が、グッドパートナー 無敵の弁護士 あらすじ 最終回の紹介でした。

「グッドパートナー 無敵の弁護士」の放送はテレビ朝日系にて毎週木曜 21:00〜21:54 です。

竹野内豊さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。