警視庁・捜査一課長 あらすじ 10話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

警視庁・捜査一課長 あらすじ 10話

警視庁・捜査一課長 あらすじ 10話

内藤剛志 主演の人気ミステリーシリーズが待望の連続ドラマ化

「警視庁・捜査一課長」6月16日(木)は10話目の放送となります。

物語はどんなミステリーを見せてくれるのか・・・

警視庁・捜査一課長 あらすじ 10話の紹介です。

ファッションブランド社長・雅美(千咲としえ)が殺された。

真琴(斉藤由貴)は事件の証拠らしきものがインターネットオークションに出品されていると気付く。

大岩(内藤剛志)らは出品者が‘五右衛門’と知り驚く。五右衛門は企業の極秘資料を盗み、恐喝や売買に利用する窃盗犯だが、半年前急に動きを止め、死亡説が流れていた。

落札者に成り済ました真琴の前に現れた五右衛門は、アクセサリー職人の美和子(笛木優子)で・・・。

以上が、警視庁・捜査一課長 あらすじ 10話の紹介でした。

「警視庁・捜査一課長」の放送はテレビ朝日系にて毎週木曜 20:00〜20:54です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。