警視庁捜査一課9係 あらすじ 最終回 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

警視庁捜査一課9係 あらすじ 最終回

警視庁捜査一課9係 あらすじ 最終回

9係の第11弾に野際陽子が新加入。

渡瀬恒彦演じる倫太郎の天敵に!?

「警視庁捜査一課9係」6月15日(水)は最終回の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

警視庁捜査一課9係 あらすじ 最終回の紹介です。

倫太郎(渡瀬恒彦)は警視総監の神田川(里見浩太朗)から入手したばかりの古本を渡される。

本の内容と裏表紙に添えられた献辞から、富豪夫人・千寿子(田岡美也子)殺害容疑でおい・寺田(福崎峻介)が逮捕された一件が冤罪だと告発しているようだ。

だが、事件は倫太郎ら9係の担当外だ。

そんな中、ゴシップ誌ライター・田野倉(奈良坂篤)の転落死の捜査を始めた倫太郎は、この件が千寿子の事件と関係があることに気付く。

以上が、警視庁捜査一課9係 あらすじ 最終回の紹介でした。

「警視庁捜査一課9係」の放送はテレビ朝日系にて毎週水曜 21:00〜21:54です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。