最後のレストラン あらすじ 最終回 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

最後のレストラン あらすじ 最終回

最後のレストラン あらすじ 最終回

映像化不可能といわれた異色のグルメマンガを田辺誠一主演でドラマ化

「最後のレストラン」6月14日(火)は最終回の放送となります。

物語は、歴史上の偉人が、現代のレストランにタイムスリップ。

気になるあらすじが公開されました。

最後のレストラン あらすじ 最終回は下記の内容となります。

坂本龍馬(池内万作)は刺客から逃げる中で、園場(田辺誠一)の店に迷い込む。

ここが21世紀のレストランだと知った龍馬は携帯電話など見るもの全てに興味を示す。

そして彼は、園場に「未来の料理」を見せてくれと注文する。

料理ができるのを待つ間、龍馬は陽気に歌い騒ぐ。

その姿を見た店員の千恵(福田麻由子)は、彼を元の時代に戻したくないと園場に話す。

幕末に戻れば、龍馬には暗殺される運命が待っているからだ。

以上が、最後のレストラン あらすじ 最終回の紹介でした。

「最後のレストラン」の放送はNHK BSプレミアムにて毎週火曜 23:15〜23:45 です。

田辺誠一さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。