ラヴソング あらすじ 最終回 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ラヴソング あらすじ 最終回

ラヴソング あらすじ 最終回

福山雅治さん、主演 フジテレビ 月9ドラマ 「ラヴソング」

6月13日(月)は最終回の放送となります。

3年ぶりの連ドラ主演作で元ミュージシャン役を熱演!!

最終回のあらすじが公開されました。

ラヴソング あらすじ 最終回は下記の内容となります。

屋外で行われた真美(夏帆)の結婚披露宴で、さくら(藤原さくら)はたどたどしくも思いを込めたスピーチをし、神代(福山雅治)のギター演奏で自作の楽曲を歌いだす。

そして手術を翌日に控え、入院したさくらだが、手術承諾書にサインをしようとしない。

心の準備ができていないのだ。

空一(菅田将暉)は神代に手術延期を訴えるが、先延ばしにすると声を失う危険性が高まる。

神代はさくらに、歌うために手術を受けるよう語り掛ける。

以上が、ラヴソング あらすじ 最終回の紹介でした。

「ラヴソング」の放送は、フジテレビ系にて、毎週月曜 21:00〜21:54です。

福山雅治さん、ファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。