朝が来る あらすじ 2話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

朝が来る あらすじ 2話

朝が来る あらすじ 2話

安田成美さんが16年ぶりに連続ドラマ主演。

「朝が来る」6月11日(土)は2話目の放送です。

物語は、辻村深月の傑作を連続ドラマ化。

朝が来る あらすじ 2話の紹介です。

佐都子(安田成美)と清和(田中直樹)は、朝斗(林田悠作)の実母・ひかりを名乗り接近してきた女性(川島海荷)と相対する。

あなたは誰なのかと問う清和に対し、女性は自分は朝斗の母親ではないと謝罪し、逃げるようにその場を去っていく。

その数日後、佐都子は幼稚園で、朝斗が友達の大空(斎藤汰鷹)を遊具から落としたらしいと聞く。

朝斗の「押してない」という言葉を信じた佐都子は大空の母・理沙(滝沢沙織)の元を訪ねる。

以上が、朝が来る あらすじ 2話の紹介でした。

「朝が来る」の放送は、フジテレビ系にて、毎週土曜 23:40〜24:35 です。

安田成美さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。