トットてれび あらすじ 6話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

トットてれび あらすじ 6話

トットてれび あらすじ 6話

満島ひかりが黒柳徹子に扮し、草創期からテレビと共に歩んだ軌跡を追う

トットてれび 6月11日(土)は6話目の放送となります。

物語はどんな展開を迎えるのか・・・

トットてれび あらすじ 6話の紹介です。

徹子(満島ひかり)と渥美(中村獅童)は、顔を合わせればけんかを繰り返していた。

だが、東京・浅草育ちの渥美が慣れないテレビの世界で悪戦苦闘する姿を見て、徹子は次第に彼に親しみを覚え始める。

バラエティー番組「夢であいましょう」で息の合ったコントを演じる2人の仲は噂になり、マスコミにも書きたてられる。

やがて、渥美が映画「男はつらいよ」の寅さん役で大スターになってからも2人の交流は変わらなかった。

以上が、トットてれび あらすじ 6話の紹介でした。

「トットてれび」の放送はNHK総合にて毎週土曜 20:15〜20:45 です。

満島ひかりさんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。