コントレール あらすじ 最終回 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

コントレール あらすじ 最終回

コントレール あらすじ 最終回

石田ゆり子&井浦新が紡ぐ大人のラブストーリー。

「コントレール〜罪と恋〜」6月10日(金)は最終回の放送となります。

大石静脚本で“禁断の恋”を描く・・・

コントレール あらすじ 最終回は下記の内容となります。

文(石田ゆり子)の目の前で、瞭司(井浦新)が意識不明の重体に陥り、病院に搬送される。

迎えに来た佐々岡(原田泰造)と共に病院を後にした文だが、瞭司のことが心配でならない。

そのころ、佐々岡家には、友樹(松浦理仁)の面倒を見るため、文と気まずい別れ方をした英恵(野際陽子)が来ていた。

一方、佐々岡は文の瞭司への気持ちをあらためて思い知らされ、複雑な心境になる。

そんな中、瞭司が目を覚ます。そのことを知った文は・・・。

以上が、コントレール あらすじ 最終回の紹介でした。

「コントレール〜罪と恋〜」の放送はNHK総合にて毎週金曜 22:00〜22:50です。

井浦新さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。