真田丸 あらすじ 23話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

真田丸 あらすじ 23話

真田丸 あらすじ 23話

堺雅人 主演、三谷幸喜脚本で戦国の名将・真田幸村の生涯を描く

大河ドラマ「真田丸」6月12日(日)は23話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

真田丸 あらすじ 23話の紹介です。

秀吉(小日向文世)は20万を超える兵を集め、小田原を包囲する。

だが、関東の覇者としての自尊心を捨てられない氏政(高嶋政伸)は、絶望的な状況になっても降伏を拒否する。

一方、昌幸(草刈正雄)と信幸(大泉洋)は北条方の拠点、忍城(おしじょう)を攻めあぐねる。

そこへ、秀吉から武功を立てるよう命じられた三成(山本耕史)が乗り込み、昌幸らと対立する。

そんな中、信繁(堺雅人)は、家康(内野聖陽)と吉継(片岡愛之助)に呼び出される。 

以上が、真田丸 あらすじ 23話の紹介でした。

大河ドラマ「真田丸」の放送は、NHK総合にて毎週日曜 20:00〜20:45 です。

堺雅人さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。