最後のレストラン あらすじ 7話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

最後のレストラン あらすじ 7話

最後のレストラン あらすじ 7話

映像化不可能といわれた異色のグルメマンガを田辺誠一主演でドラマ化

「最後のレストラン」6月7日(火)は7話目の放送となります。

物語は、歴史上の偉人が、現代のレストランにタイムスリップ。

気になるあらすじが公開されました。

最後のレストラン あらすじ 7話は下記の内容となります。

園場(田辺誠一)のレストランを楊貴妃(山村紅葉)が訪れる。

‘世界三大美女’の楊貴妃だが、その面影はなく、ひどくやつれた様子だ。

最愛の玄宗(麿赤兒)から民衆の不満を抑えるため自害するよう命じられた彼女は、死にきれず、ここにたどり着いたという。

楊貴妃は園場に、愛を証明する料理を依頼する。

一方、園場はジャンヌ・ダルク(トリンドル玲奈)の様子が気になる。

以上が、最後のレストラン あらすじ 7話の紹介でした。

「最後のレストラン」の放送はNHK BSプレミアムにて毎週火曜 23:15〜23:45 です。

田辺誠一さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。