僕のヤバイ妻 あらすじ 8話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

僕のヤバイ妻 あらすじ 8話

僕のヤバイ妻 あらすじ 8話

伊藤英明が妻の真の姿に翻弄されもがく夫役に。

「僕のヤバイ妻」6月7日(火)は8話目の放送となります。

物語は大人の男女を描く心理サスペンス・・・

気になるあらすじが公開されました。

僕のヤバイ妻 あらすじ 8話は下記の内容とないます。

眠れぬ夜を過ごした幸平(伊藤英明)に、杏南(相武紗季)の遺体を遺棄して帰宅した真理亜(木村佳乃)が自分も同罪だと告げる。

罪悪感に駆られる幸平は自首を考えるが、真理亜に実家がどうなってもいいのかと言われ思いとどまる。

そんな中、杏南殺しを知っているという人物から「2億円を用意しろ」との脅迫状が届く。

一方、真理亜は横路(宮迫博之)の事務所を訪問。

横路は彼女に木暮(佐々木蔵之介)に関する調査報告書を渡す。

以上が、僕のヤバイ妻 あらすじ 8話の紹介でした。

「僕のヤバイ妻」の放送はフジテレビ系にて毎週火曜 22:00〜22:54 です。

伊藤英明さんのファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。