トットてれび あらすじ 5話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

トットてれび あらすじ 5話

トットてれび あらすじ 5話

満島ひかりが黒柳徹子に扮し、草創期からテレビと共に歩んだ軌跡を追う

トットてれび 6月4日(土)は5話目の放送となります。

物語はどんな展開を迎えるのか・・・

トットてれび あらすじ 5話の紹介です。

徹子(満島ひかり)は、親しい脚本家・向田邦子(ミムラ)のアパートでたわいない会話をしながら、彼女の手料理を食べる日々を過ごしていた。

それは、2人にとって大切な時間だった。

時は流れ、邦子は初めて書いた短編小説で直木賞を受賞する。

そして、その祝賀パーティーの司会を徹子が務めることになる。

邦子は「おばあさんになった徹子さんを書いてみたい」と言う。

しかし翌年、邦子は飛行機事故に遭い、亡くなる。

以上が、トットてれび あらすじ 5話の紹介でした。

「トットてれび」の放送はNHK総合にて毎週土曜 20:15〜20:45 です。

満島ひかりさんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。