不機嫌な果実 あらすじ 6話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

不機嫌な果実 あらすじ 6話

不機嫌な果実 あらすじ 6話

「不機嫌な果実」が連続ドラマで復活!

6月3日(金)は6話目の放送となります。

栗山千明と市原隼人が不倫に溺れる男女を熱演

気になるあらすじが公開されました。

不機嫌な果実 あらすじ 6話は下記の内容をチェック!!

通彦(市原隼人)からイタリアで一緒に暮らそうと誘われた麻也子(栗山千明)は心が動く。

帰宅して、航一(稲垣吾郎)の異常な行動を目にした麻也子は、離婚を切り出す。

ところが、家を出ていく麻也子を止めようとして転倒した航一が頭を打って意識不明に。

病院で目を覚ました航一は、記憶喪失に陥り麻也子が誰かも分からなくなっていた。

責任を感じた麻也子は、しばらく入院することになった航一の身の回りの世話をするが・・・。

以上が、不機嫌な果実 あらすじ 6話の紹介でした。

「不機嫌な果実」の放送はテレビ朝日系にて毎週金曜 23:15〜24:15 です。

栗山千明さんと市原隼人さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。