ドクター調査班 あらすじ 最終回 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ドクター調査班 あらすじ 最終回

ドクター調査班 あらすじ 最終回

谷原章介さん 主演 ドラマ「ドクター調査班〜医療事故の闇を暴け〜」

6月3日(金)は最終回の放送となります。

物語は、医療事故の真実に迫るヒューマン医療ミステリー

気になるあらすじが公開されました。

ドクター調査班 あらすじ 最終回は下記の内容となります。

慧(谷原章介)ら医療事故調査委員会(MAIC)7班のメンバーは、2年前、浅間(津川雅彦)が院長を務める病院で手術を受け、亡くなった七海(柴本幸)の案件を調査する。

七海は慧の婚約者で、よつ葉(平澤宏々路)の母親だった。

しかし、その手術を執刀した浅間は、元厚生労働大臣の鹿賀丸(津嘉山正種)と会見を開き、MAICと慧を逆告発。

解体の危機にひんするMAICだが、管理官・遠山(高畑淳子)はその勝負を受けて立つ。

以上が、ドクター調査班 あらすじ 最終回の紹介でした。

「ドクター調査班〜医療事故の闇を暴け〜」の放送は
テレビ東京系にて、毎週金曜 20:00〜20:54 です。

谷原章介さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。