グッドパートナー 無敵の弁護士 あらすじ 7話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

グッドパートナー 無敵の弁護士 あらすじ 7話

グッドパートナー 無敵の弁護士 あらすじ 7話

竹野内豊&松雪泰子の連続ドラマで初タッグ

「グッドパートナー 無敵の弁護士」6月2日(木)は7話目の放送となります。

物語は、コミカルな法務&ホームドラマ。

グッドパートナー 無敵の弁護士 あらすじ 7話の紹介です。

熱海(賀来賢人)の少年時代の野球の監督・島津(石井洋祐)の葬儀の席で、島津の息子・勝太(渋谷謙人)が設備管理会社社長・土井垣(福田転球)に殴り掛かる。

数カ月前に島津の営む旅館の温泉施設が爆発。

施設管理を任されていた土井垣は、保守点検も怠っていたのに一切の責任を免れたのだ。

島津の死は事故処理の心労によるものだった。

事情を聞いた咲坂(竹野内豊)は、熱海らと事故の真相を調べるため、現地に向かう。

以上が、グッドパートナー 無敵の弁護士 あらすじ 7話の紹介でした。

「グッドパートナー 無敵の弁護士」の放送はテレビ朝日系にて毎週木曜 21:00〜21:54 です。

竹野内豊さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。