警視庁・捜査一課長 あらすじ 8話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

警視庁・捜査一課長 あらすじ 8話

警視庁・捜査一課長 あらすじ 8話

内藤剛志 主演の人気ミステリーシリーズが待望の連続ドラマ化

「警視庁・捜査一課長」6月2日(木)は8話目の放送となります。

物語はどんなミステリーを見せてくれるのか・・・

警視庁・捜査一課長 あらすじ 8話の紹介です。

江戸川橋近辺で刺殺体が見つかり、大岩(内藤剛志)らが臨場。

殺された猪狩(吉野正弘)の所持品からは100万円の札束と、宛名に「門田」と書かれた結婚式の招待状が見つかる。

真琴(斉藤由貴)が結婚式場に行ってみると、門田のテーブルの招待客が全員、新婦・桜(石川梨華)の父・田嶋(渡辺徹)が派遣会社に依頼して揃えた代理出席の客と分かる。

田嶋は猪狩とは面識がないと話すが、100万円は田嶋が渡したものと判明する。

以上が、警視庁・捜査一課長 あらすじ 8話の紹介でした。

「警視庁・捜査一課長」の放送はテレビ朝日系にて毎週木曜 20:00〜20:54です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。