最後のレストラン あらすじ 6話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

最後のレストラン あらすじ 6話

最後のレストラン あらすじ 6話

映像化不可能といわれた異色のグルメマンガを田辺誠一主演でドラマ化

「最後のレストラン」5月31日(火)は6話目の放送となります。

物語は、歴史上の偉人が、現代のレストランにタイムスリップ。

気になるあらすじが公開されました。

最後のレストラン あらすじ 6話は下記の内容となります。

園場(田辺誠一)たちはレストランに有名グルメ誌の調査員が来ると聞いて、意気込む。

そんな中、フロアから怒鳴り声が。

フランス国の皇帝・ナポレオン(武田鉄矢)が、隣の客とワインの味について言い争いを始めたのだ。

慌てて園場が仲裁しようとすると、ナポレオンは胸を押さえて倒れこむ。

長年のセントヘレナでの幽閉生活で、ナポレオンは身も心もぼろぼろになっていて・・・。

以上が、最後のレストラン あらすじ 6話の紹介でした。

「最後のレストラン」の放送はNHK BSプレミアムにて毎週火曜 23:15〜23:45 です。

田辺誠一さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。