お迎えデス。 あらすじ 6話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

お迎えデス。 あらすじ 6話

お迎えデス。 あらすじ 6話

福士蒼汰と土屋太鳳がタッグ!

「お迎えデス。」5月28日(土)は6話目の放送となります。

物語は 幽霊の未練を解決する異色のラブコメディー!!

お迎えデス。 あらすじ 6話の紹介です。

円(福士蒼汰)はナベシマ(鈴木亮平)から、風邪をこじらせて死んだ達夫(寺島進)を成仏させるよう頼まれる。

自分がつくった草野球チームの存続を心配する達夫は、8人では試合ができないので、円に入ってくれと言い出す。

達夫は自らチームに誘った少年・真之介(伊澤柾樹)のことも気にしていた。

初勝利を目前にした前回の試合は、真之介のエラーで負けたのだ。

一方、入院中の幸(土屋太鳳)は、千里(門脇麦)が気掛かりで・・・。

以上が、お迎えデス。 あらすじ 6話の紹介でした。

「お迎えデス。」の放送は日本テレビ系にて毎週土曜 21:00〜21:54です。

福士蒼汰さん、ファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。