ドクター調査班 あらすじ 6話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ドクター調査班 あらすじ 6話

ドクター調査班 あらすじ 6話

谷原章介さん 主演 ドラマ「ドクター調査班〜医療事故の闇を暴け〜」

5月27日(金)は6話目の放送となります。

物語は、医療事故の真実に迫るヒューマン医療ミステリー

気になるあらすじが公開されました。

ドクター調査班 あらすじ 6話は下記の内容となります。

6年前、慧(谷原章介)が勤めていた病院で、管理官・遠山(高畑淳子)の夫・輝一(橋本さとし)が膵臓(すいぞう)がんの手術後に死亡。

慧は執刀医だった。

遠山はその時の真相を問うが、慧は医療事故調査委員会(MAIC)を辞め、病院長・浅間(津川雅彦)の誘いで元の病院に復職する。

MAICの面々は医療ミスを探るため病院に潜入。

そんな中、膵臓がんの権威である浅間が、政府要人・鹿賀丸(津嘉山正種)の手術をすることになる。

以上が、ドクター調査班 あらすじ 6話の紹介でした。

「ドクター調査班〜医療事故の闇を暴け〜」の放送は
テレビ東京系にて、毎週金曜 20:00〜20:54 です。

谷原章介さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。