警視庁・捜査一課長 あらすじ 7話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

警視庁・捜査一課長 あらすじ 7話

警視庁・捜査一課長 あらすじ 7話

内藤剛志 主演の人気ミステリーシリーズが待望の連続ドラマ化

「警視庁・捜査一課長」5月26日(木)は7話目の放送となります。

物語はどんなミステリーを見せてくれるのか・・・

警視庁・捜査一課長 あらすじ 7話の紹介です。

資産家の屋敷(坂口進也)が殺された。

捜査が進む中、屋敷家の家政婦が容疑者として浮上。

彼女は偽名を使用しており、その正体は半年前に夫を保険金目当てに殺した疑いで世間を騒がせた波留美(洞口依子)と分かる。

そんな中、波留美が人を殺したと出頭してきた。

しかし、波留美が殺したと明かしたのはフリーライターの多田野(湯江健幸)だった。

大岩(内藤剛志)は二つの事件に関連があるとにらみ合同捜査を指示する。

以上が、警視庁・捜査一課長 あらすじ 7話の紹介でした。

「警視庁・捜査一課長」の放送はテレビ朝日系にて毎週木曜 20:00〜20:54です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。