真田丸 あらすじ 21話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

真田丸 あらすじ 21話

真田丸 あらすじ 21話

堺雅人 主演、三谷幸喜脚本で戦国の名将・真田幸村の生涯を描く

大河ドラマ「真田丸」5月29日(日)は21話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

真田丸 あらすじ 21話の紹介です。

待望の嫡男誕生で勢いに乗る秀吉(小日向文世)は、氏政(高嶋政伸)に上洛(じょうらく)するよう迫る。

秀吉に臣従すべきという家康(内野聖陽)の勧めにも耳を貸そうとしない氏政は、逆に秀吉に条件を突き付ける。

それは、真田が治める沼田領を引き渡せというものだった。

自らの領地を勝手に交渉の道具にされ、昌幸(草刈正雄)は「戦も辞さぬ」と激怒する。

戦国の世を終わらせようとする秀吉とそれにあらがう父の間で、信繁(堺雅人)は板挟みとなる。

以上が、真田丸 あらすじ 21話の紹介でした。

大河ドラマ「真田丸」の放送は、NHK総合にて毎週日曜 20:00〜20:45 です。

堺雅人さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。