僕のヤバイ妻 あらすじ 6話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

僕のヤバイ妻 あらすじ 6話

僕のヤバイ妻 あらすじ 6話

伊藤英明が妻の真の姿に翻弄されもがく夫役に。

「僕のヤバイ妻」5月24日(火)は6話目の放送となります。

物語は大人の男女を描く心理サスペンス・・・

気になるあらすじが公開されました。

僕のヤバイ妻 あらすじ 6話は下記の内容とないます。

杏南(相武紗季)は和樹(高橋一生)に呼び出され、睡眠薬を盛られて意識を失う。

杏南と海外に高飛びしようとしていた幸平(伊藤英明)は、帰宅した2人を目撃して不倫関係だと誤解する。

翌朝、真理亜(木村佳乃)が杏南を訪ねて「幸平を譲る」と宣言。

7年前、職場で社長令嬢の真理亜と出会った杏南には、幸平も知らない目的があった。

一方、幸平には弁護士を通して離婚話が持ち込まれるが、状況が一転したことで手放しでは喜べず・・・。

以上が、僕のヤバイ妻 あらすじ 6話の紹介でした。

「僕のヤバイ妻」の放送はフジテレビ系にて毎週火曜 22:00〜22:54 です。

伊藤英明さんのファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。