ラヴソング あらすじ 7話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ラヴソング あらすじ 7話

ラヴソング あらすじ 7話

福山雅治さん、主演 フジテレビ 月9ドラマ 「ラヴソング」

5月23日(月)は7話目の放送となります。

3年ぶりの連ドラ主演作で元ミュージシャン役を熱演!!

7話目のあらすじが公開されました。

ラヴソング あらすじ 7話は下記の内容となります。

神代(福山雅治)がさくら(藤原さくら)のデモテープ用に作った楽曲を聴いた夏希(水野美紀)は、それが20年前のある曲をアレンジしたものと気付き、複雑な思いを抱く。

だが、他の友人らは高く評価し、神代の才能を再認識。

弦巻(大谷亮平)は、自身のレコード会社所属の看板アーティストからの楽曲提供の依頼をほのめかす。

一方、作詞をしたさくらは、詞に神代への恋心を込めたが、それが本人に伝わっていないことがもどかしい。

以上が、ラヴソング あらすじ 7話の紹介でした。

「ラヴソング」の放送は、フジテレビ系にて、毎週月曜 21:00〜21:54です。

福山雅治さん、ファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。