ゆとりですがなにか あらすじ 6話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ゆとりですがなにか あらすじ 6話

ゆとりですがなにか あらすじ 6話

岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥が共演!

「ゆとりですがなにか」5月22日(日)は6話目の放送となります。

物語は宮藤官九郎脚本で“ゆとり世代”の奮闘を描く。

ゆとりですがなにか あらすじ 6話の紹介です。

深夜、まりぶ(柳楽優弥)を部屋に訪ねた正和(岡田将生)は、ゆとり(島崎遥香)と別れるよう迫る。

一方、正和は山岸(太賀)から、野上(でんでん)の店の仕入れの件で思わぬ報告を受け、さらに茜(安藤サクラ)からは一緒に旅行した‘友達’の名前を聞いてあぜんとする。

山路(松坂桃李)は学習障害がある大悟(田中奏生)の扱いをめぐりストレスを感じていた。

しかし、その母・奈々江(石橋けい)の応対、さらに奈々江の職業を知って好感を抱く。

以上が、ゆとりですがなにか あらすじ 6話の紹介でした。

「ゆとりですがなにか」の放送は日本テレビ系にて毎週日曜 22:30〜23:25 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。