99.9刑事専門弁護士 あらすじ 6話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

99.9刑事専門弁護士 あらすじ 6話

99.9刑事専門弁護士 あらすじ 6話

松本潤が型破りな弁護士役に挑戦!

「99.9 刑事専門弁護士」5月22日(日)は6話目の放送となります。

物語は刑事専門弁護士を描くエンターテインメント

99.9刑事専門弁護士 あらすじ 6話の紹介です。

18年前、検察官だった佐田(香川照之)は資産家令嬢殺人事件の目撃証言をした三枝(平田満)の調書を作成。

それが、谷繁(千葉雄大)の父を殺害した可能性が高い三枝が無罪だという根拠とされた。

責任を感じる佐田は元上司・十条(中丸新将)に当時の捜査状況を尋ねるが、かわされる。

一方、深山(松本潤)は三枝の証言がうそだったという決定的な証拠を発見。

ところが、大友(奥田瑛二)が丸川(青木崇高)にある指示を出す。

以上が、99.9刑事専門弁護士 あらすじ 6話の紹介でした。

「99.9 刑事専門弁護士」の放送はTBS系にて毎週日曜 21:00〜21:54 です。

嵐の松本潤さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。