真田丸 あらすじ 20話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

真田丸 あらすじ 20話

真田丸 あらすじ 20話

堺雅人 主演、三谷幸喜脚本で戦国の名将・真田幸村の生涯を描く

大河ドラマ「真田丸」5月22日(日)は20話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

真田丸 あらすじ 20話の紹介です。

秀吉(小日向文世)の側室となった茶々(竹内結子)は子を身ごもる。

そんな中、有頂天になる秀吉をやゆする落書きが城下で発見される。

信繁(堺雅人)は三成(山本耕史)や大谷吉継(片岡愛之助)と共に、落書きの犯人捜しに乗り出すが、難航する。

怒りが収まらない秀吉は、犯人が見つからなければ門番や町人たちまでも処刑すると言い出す。

以上が、真田丸 あらすじ 20話の紹介でした。

大河ドラマ「真田丸」の放送は、NHK総合にて毎週日曜 20:00〜20:45 です。

堺雅人さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。