火の粉 あらすじ 8話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

火の粉 あらすじ 8話

火の粉 あらすじ 8話

ユースケ・サンタマリアが9年ぶりの連ドラ主演。

「火の粉」5月21日(土)は8話目の放送となります。

物語は、雫井脩介原作の心理サスペンス・・・

火の粉 あらすじ 8話の紹介です。

雪見(優香)や勲(伊武雅刀)ら梶間家と武内(ユースケ・サンタマリア)は笑顔で食卓を囲んでいた。

一見幸せそうな光景だが、それは全て演技。

やがて、雪見は我慢の限界に達する。

一方、武内から拒絶されて沈む琴音(木南晴夏)は、家族のように彼と過ごす梶間家をうらやむあまり、次第に憎悪を募らせるようになる。

琴音の変貌に戸惑いながら家路に着いた雪見だが、その途中、行方不明になっていた池本(佐藤隆太)らしき人影を目にして・・・。

以上が、火の粉 あらすじ 8話の紹介でした。

「火の粉」の放送は、フジテレビ系にて、毎週土曜 23:40〜24:35 です。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。