お迎えデス。 あらすじ 5話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

お迎えデス。 あらすじ 5話

お迎えデス。 あらすじ 5話

福士蒼汰と土屋太鳳がタッグ!

「お迎えデス。」5月21日(土)は5話目の放送となります。

物語は 幽霊の未練を解決する異色のラブコメディー!!

お迎えデス。 あらすじ 5話の紹介です。

円(福士蒼汰)の友人・加藤(森永悠希)の亡くなって間もない祖母・嘉子(藤田弓子)が、大学に現れる。

嘉子と経済学部の教授・前田(西岡徳馬)は50年ほど前、駆け落ちまで考えた仲だった。

その前田にリポートを突き返された利恵(飯豊まりえ)が自ら衣服のボタンを引きちぎり、セクハラ事件を偽装。

一部始終を見ていた嘉子が、円にぬれぎぬを晴らしたいと訴える。

入院中の幸(土屋太鳳)は、千里(門脇麦)に円を手伝うよう促す。

以上が、お迎えデス。 あらすじ 5話の紹介でした。

「お迎えデス。」の放送は日本テレビ系にて毎週土曜 21:00〜21:54です。

福士蒼汰さん、ファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。