トットてれび あらすじ 4話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

トットてれび あらすじ 4話

トットてれび あらすじ 4話

満島ひかりが黒柳徹子に扮し、草創期からテレビと共に歩んだ軌跡を追う

トットてれび 5月21日(土)は4話目の放送となります。

物語はどんな展開を迎えるのか・・・

トットてれび あらすじ 4話の紹介です。

NHKを辞めてフリーになった徹子(満島ひかり)は、ますます多忙に。

徹子は、親しくなった脚本家・向田邦子(ミムラ)に、一度ゆっくり休みたいと打ち明ける。

休養宣言をした徹子に、NHK連続テレビ小説「繭子ひとり」の仕事が舞い込む。

青森から上京して家族のために働く女性を演じることになった徹子は、役作りに打ち込む。

これで人気を得た徹子だが、伊集院(濱田岳)の説得を振り切って米ニューヨークへ旅立つ。

以上が、トットてれび あらすじ 4話の紹介でした。

「トットてれび」の放送はNHK総合にて毎週土曜 20:15〜20:45 です。

満島ひかりさんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。