ラヴソング あらすじ 6話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ラヴソング あらすじ 6話

ラヴソング あらすじ 6話

福山雅治さん、主演 フジテレビ 月9ドラマ 「ラヴソング」

5月16日(月)は6話目の放送となります。

3年ぶりの連ドラ主演作で元ミュージシャン役を熱演!!

6話目のあらすじが公開されました。

ラヴソング あらすじ 6話は下記の内容となります。

神代(福山雅治)は、レコード会社の重役となった自身の元マネジャー・弦巻(大谷亮平)から、さくら(藤原さくら)の歌のデモテープを提出するようにと言われる。

指定はラブソングだ。神代から作詞をするよう促されたさくらは、浮かぶ言葉を次々とメールして迷惑がられる。

神代もギターを手に作曲に励んでいたが、いいメロディーが生まれない。

煮詰まる神代に夏希(水野美紀)は、きちんと音楽と向き合っていないからだと指摘する。

以上が、ラヴソング あらすじ 6話の紹介でした。

「ラヴソング」の放送は、フジテレビ系にて、毎週月曜 21:00〜21:54です。

福山雅治さん、ファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。