昼のセント酒 あらすじ 6話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

昼のセント酒 あらすじ 6話

昼のセント酒 あらすじ 6話

昼間の銭湯と酒。

「孤独のグルメ」制作スタッフが贈る戸次重幸主演の大人の道楽ドラマ

「昼のセント酒 」5月14日(土)は6話目の放送となります。

物語はどんな道楽ドラマとなるのか・・・

昼のセント酒 あらすじ 6話の紹介です。

内海(戸次重幸)は上司の堂園(八木亜希子)と共に、東京・北千住の呉服店へ営業に訪れる。

弱気な内海の横で、堂園は見事なトークを展開して店主(松澤一之)の心を捉え、より大きな広告展開のプランを決定させる。

「あれが本当の営業か」と心を打たれた内海は、自分は真面目に足で稼ぐしかないと決意を新たにする。

しかし、顔を上げると、立派な銭湯の煙突を見つけてしまう。

以上が、昼のセント酒 あらすじ 6話の紹介でした。

「昼のセント酒 」の放送はテレビ東京系にて毎週土曜 24:20〜24:50 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。