火の粉 あらすじ 7話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

火の粉 あらすじ 7話

火の粉 あらすじ 7話

ユースケ・サンタマリアが9年ぶりの連ドラ主演。

「火の粉」5月14日(土)は7話目の放送となります。

物語は、雫井脩介原作の心理サスペンス・・・

火の粉 あらすじ 7話の紹介です。

武内(ユースケ・サンタマリア)からマッサージチェアを贈られた梶間家。

最初は居間に置いていたが、数日後、尋恵(朝加真由美)と俊郎(大倉孝二)はそれを空き部屋に移動させる。

好意を無にされたと武内が報復行為に出ることを恐れる勲(伊武雅刀)は、必死に武内に弁解する。

そんな中、武内が海外出張に行った。

勲と雪見(優香)はこの留守中にと、尋恵と俊郎に武内の本性を告げる。

すると、尋恵は今まで黙っていたことを怒りだし・・・。

以上が、火の粉 あらすじ 7話の紹介でした。

「火の粉」の放送は、フジテレビ系にて、毎週土曜 23:40〜24:35 です。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。