火の粉 あらすじ 6話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

火の粉 あらすじ 6話

火の粉 あらすじ 6話

ユースケ・サンタマリアが9年ぶりの連ドラ主演。

「火の粉」5月7日(土)は6話目の放送となります。

物語は、雫井脩介原作の心理サスペンス・・・

火の粉 あらすじ 6話の紹介です。

武内(ユースケ・サンタマリア)の裁判の担当弁護士・関(迫田孝也)が行方不明に。

勲(伊武雅刀)は武内が殺したと確信するが、尋恵(朝加真由美)は警察にうその証言をして武内をかばう。

勲が隠し事をしているとにらむ雪見(優香)は彼を問い詰め、その告白に激高する。

一方、武内は琴音(木南晴夏)の異変に気付き、元夫・稲葉(渋江譲二)を訪ねる。

琴音のあざは稲葉によるものだった。

以上が、火の粉 あらすじ 6話の紹介でした。

「火の粉」の放送は、フジテレビ系にて、毎週土曜 23:40〜24:35 です。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。