トットてれび あらすじ 2話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

トットてれび あらすじ 2話

トットてれび あらすじ 2話

満島ひかりが黒柳徹子に扮し、草創期からテレビと共に歩んだ軌跡を追う

トットてれび 5月7日(土)は2話目の放送となります。

物語はどんな幕開けとなるのか・・・

トットてれび あらすじ 2話の紹介です。

徹子(満島ひかり)は、放送が始まったばかりのテレビの現場で、森繁久彌(吉田鋼太郎)や渥美清(中村獅童)と出会う。

だが、渥美とは会うたびにけんかをしていた。

やがて、カラー放送も始まり、寝る暇もないほど忙しくなった徹子は、ある日、過労のためスタジオで倒れてしまう。

そのまま入院となり、渥美と夫婦役を演じるドラマに出られなくなった徹子。

病室でテレビを見ていた彼女は、渥美が発したあるせりふにショックを受ける。

以上が、トットてれび あらすじ 2話の紹介でした。

「トットてれび」の放送はNHK総合にて毎週土曜 20:15〜20:45 です。

満島ひかりさんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。