ラヴソング あらすじ 4話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ラヴソング あらすじ 4話

ラヴソング あらすじ 4話

福山雅治さん、主演 フジテレビ 月9ドラマ 「ラヴソング」

5月2日(月)は4話目の放送となります。

3年ぶりの連ドラ主演作で元ミュージシャン役を熱演!!

4話目のあらすじが公開されました。

ラヴソング あらすじ 4話は下記の内容となります。

夏希(水野美紀)の部屋を出た神代(福山雅治)は、一人暮らしの部屋を借りる。

増村(田中哲司)らと共に引っ越しを手伝った空一(菅田将暉)は、その後、「S」で開かれた慰労会に参加。

そこで、神代と夏希が恋人同士ではないと知る。

そんな中、ある女性が神代を訪ねてくる。

一方、さくら(藤原さくら)はギターの練習に打ち込んでいた。

神代への未練ではとからかう真美(夏帆)に、さくらは「一人でも歌えるようになりたい」と吐露する。

以上が、ラヴソング あらすじ 4話の紹介でした。

「ラヴソング」の放送は、フジテレビ系にて、毎週月曜 21:00〜21:54です。

福山雅治さん、ファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。