ゆとりですがなにか あらすじ 3話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ゆとりですがなにか あらすじ 3話

ゆとりですがなにか あらすじ 3話

岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥が共演!

「ゆとりですがなにか」5月1日(日)は3話目の放送となります。

物語は宮藤官九郎脚本で“ゆとり世代”の奮闘を描く。

ゆとりですがなにか あらすじ 3話の紹介です。

正和(岡田将生)は山岸(太賀)から、パワハラで訴えられる。

先方の弁護士は、訴訟は費用が掛かるからと和解を勧めるが、正和は納得がいかない。

一方、山路(松坂桃李)はクラスの児童のいじめの件で、教育実習生・悦子(吉岡里帆)に意見し、関係がぎくしゃくしてしまう。

そんな山路に出くわした茜(安藤サクラ)が、悦子のような女性の扱い方をアドバイス。

また、正和は悩んだ末に始末書を書き、上司の早川(手塚とおる)に預ける。

以上が、ゆとりですがなにか あらすじ 3話の紹介でした。

「ゆとりですがなにか」の放送は日本テレビ系にて毎週日曜 22:30〜23:25 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。