トットてれび あらすじ 1話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

トットてれび あらすじ 1話

トットてれび あらすじ 1話

満島ひかりが黒柳徹子に扮し、草創期からテレビと共に歩んだ軌跡を追う

トットてれび 4月30日(土)は1話目の放送となります。

物語はどんな幕開けとなるのか・・・

トットてれび あらすじ 1話の紹介です。

1953年。

徹子(満島ひかり)は、NHKがテレビ放送開始にあたり専属俳優を募集していると知り、受験する。

試験では失敗ばかりするがなぜか合格した徹子は、ラジオやテレビの番組にエキストラとして出演。

しかし、目立ち過ぎてディレクターの伊集院(濱田岳)に叱られ、「個性が邪魔だ」と言われる。

そんな折、新しい放送劇のオーディションを受けた徹子に、審査員を務めていた劇作家・飯沢(大森南朋)が意外な言葉を掛ける。

以上が、トットてれび あらすじ 1話の紹介でした。

「トットてれび」の放送はNHK総合にて毎週土曜 20:15〜20:45 です。

満島ひかりさんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。